『みんな自分がわからない』から学ぶ!北野武が語る品性と文化に関する考察に納得!!

3,962 views

今の子供はほんとうに偉そうにしてるよ。

親から金をもらうのが
当然のことのように思っている。

親もまた、ねだられれば
子供にすぐ小遣いをやる。

だから我慢ということを知らない。

その上、みんなで意見を言いましょう
なんてとんでもないよ。

昔は「嫌なら止めろ」だったんだ。

「まずきゃ食うな」とかさ。

だから、あらゆることで
下品なやつばっかり増えたんだ。

品の良さっていうのは
とりあえず腹に収めちゃう
っていうことだろう。

まずいなと思ってもちゃんと食って
それでもほんとにまずいなら
食わないってことだけだった。

それがいろんな難癖を付けるようになった。

なまじの中流ってのほど
下品なものはないね。

金があると下品なことをやりたがる。

金さえ出せば手が届くように見えるものには
我慢できずにすぐ手を出してしまうんだ。

要するに、中流の奴らが
金で品を買おうとして
いろんなブランド商品を買ってきて
自分に品をつけようとした。

それは大きな間違いだったんだ。

買うんじゃなくて
買わないことでしか品は得られない。

修理した車だとか、修理した靴だとか。

修理品を持っていて
なおかつそれなりの雰囲気を持たない限り
日本はいつまでたっても
文化的には立ち遅れたままだな。

車を買いかえなかったりすれば
経済は停滞するだろうけど
品だけはかっちり出る。

出典元:みんな自分がわからない 新潮社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『みんな自分がわからない』
是非、皆様にも読んでいただきたいです。
今回抜粋した部分は私は『お金で片付けてしまうことに対する問題提起』だと思います。

お金を出してる客なんだから横柄でいい
人より立派なモノを持っているから自分は立派である
そういう考え方が品性を欠いていくということですかね。

品性とはまさにお金では買えないということの分かりやすい言い方だと思います。

  • LINEで送る
PAGE TOP ↑