遂に日本音楽界に新星登場!!現役警察官ラッパーならぬ現役警察官、署長のデュオが耳から離れない☆

1,575 views


まず写真に違和感を感じたのではないでしょうか?
警察官がギターで弾き語り!?
これは高齢者をはじめとする特殊詐欺の被害者を減らそうと、青森県警板柳署の工藤昭幸署長(51)が特殊詐欺防止ソングを自ら作詞作曲し15日、板柳町内のスーパーで生演奏した。フォークギターを手に歌を披露する署長らを、訪れた買い物客が物珍しそうに見つめた。

 曲は工藤署長が出勤前の朝の時間を使って1カ月ほどで作った。「お金をレターパックで送って」などと代表的な9種類の手口を紹介。耳に残るよう「詐欺」というフレーズを46回連呼し、高齢者が聞き取りやすい、ゆったりとした曲調に仕上げた。

 歌が苦手という広瀬健児次長(49)も署長の下で特訓し、今回初めてデュエットで披露した。
出典:47news.jp

出典元:KYODO NEWS 【共同通信社】

まずは曲のインパクトがすごいですね。
おそらく『詐欺』を46回歌った歌詞は史上初なのではないでしょうか。
まずは抑止からということなのか。まずは認知してもらうことが大事ですね。

  • LINEで送る
PAGE TOP ↑